​新着情報

2021年08月16日

『ジャパンタイムズ』掲載のお知らせ

ワクチン接種をめぐる職場等のトラブルについて、取材を受けた内容が掲載されました。

 
6090CC67-78AE-4BFE-BA4F-4F4A6BDE7CA3.jpg

2021年08月09日

7月の街角景気、現状判断指数は2カ月連続改善

内閣府が10日発表した7月の景気ウオッチャー調査(街角景気)によると、街角の景気実感を示す現状判断指数(季節調整済み)は48.4で、前の月に比べて0.8ポイント上昇(改善)した。改善は2カ月連続。家計動向が改善した。

2~3カ月後を占う先行き判断指数は48.4で、4.0ポイント低下した。低下は3カ月ぶり。家計動向・企業動向・雇用が悪化した。

内閣府は現状の基調判断を「持ち直している」で据え置いた。

 

2021年08月02日

6月税収15%増、所得税が伸びる 就業者数の増加が背景

財務省は2日、6月の一般会計税収が前年同月比15.5%増の2兆6228億円だったと発表した。就業者数の増加に伴い、会社員の納める所得税などが増えた。

源泉徴収分の所得税は1兆3611億円で15.6%増えた。総務省の労働力調査によると、5月の雇用者数は5950万人で、前年同月に比べ30万人増加した。現金給与総額も増え、所得税の伸びにつながった。

相続税は32%増の1931億円だった。一方、法人税は還付金があった影響などで3370億円と12.1%減だった。

 
 

2021年07月26日

令和3年度 職業訓練指導員講習のご報告

かながわ労働プラザで実施しました。
今回も色々な業種の方が参加されました。
今後の皆様のご活躍を祈念しております。

FFDC307B-3190-4EC8-BB44-12C222DC6885.jpg
 

2021年07月19日

政府、最低賃金引き上げへ助成金 雇調金で負担肩代わり

政府は最低賃金の3%引き上げに向け、企業の負担軽減策を講じる。雇用調整助成金など複数の補助金について時給を上げる中小企業が受け取れるよう給付要件を見直す。最低賃金は例年10月に切り替わる。政府は雇調金の要件を10月から緩和し、12月までの激変緩和措置として一時的に負担を肩代わりすることで、賃上げの前提になる生産性向上を企業に促す。