​代表ご挨拶

昭和52年東京都に生まれ、下町で学生時代を過ごし、「働く人の役に立つ仕事に就きたい」ということから、事務官として労働省の門を叩きました。

入省後、初めての配属先で労働基準監督官の上司から色々なことを学び、働く人の労働条件確保・改善等を通じてより豊かで働きやすい環境づくりに専念できる仕事をしたいという理由で労働基準監督官へ転向し、勤務地を福島、霞が関、港区、神奈川と移しながら労働分野の仕事に従事してきました。

労働基準監督官として色々な分野の業務に従事する中で、労働基準監督官としての経験を生かしてリスクのない労務管理を整備すること等を通じ、常に成長していける会社づくりに携わり、設立に携わったNPO法人発展のために生かせる
職業に就きたいという強い想いから社会保険労務士へ転向しました。

会社が成長していくために、「人材力」は欠かせません。
社会保険労務士は、会社の人に対するプロです。
人と向き合うこと無くして会社の成長は成しえません。

相手の本音を引き出し、良好な職場環境と健全な労使関係を構築することを得意とする元労働基準監督官社労士として、会社の成長を全力でサポートさせていただきます。

代表 小菅 将樹

-Profile-

■平成12年 3月
明治大学法学部卒業

〈職歴〉(下欄は仕事内容)
■平成12年10月
労働本省入省
個別労働関係紛争解決促進法策定、国会対応等

■平成13年 4月
独立行政法人産業医学総合研究所総務課
研究員の給与計算、公務災害の認定、人事補助等

■平成15年 4月
福島労働局郡山労働基準監署
監督・安全衛生関係

■平成17年4月
福島労働局須賀川労働基準監督署
監督・安全衛生関係

■平成18年 4月
厚生労働省労働基準局労災補償部
通勤災害、特別加入、第三者行為災害制度 

■平成19年 4月
厚生労働省労働基準局総務課
労災保険及び雇用保険の給付処分に関する行政不服審査

■平成22年 4月
神奈川労働局相模原労働基準監督署
労災補償全般

■平成24年 4月
神奈川労働局川崎南労働基準監督署
監督・安全衛生

■平成25年 4月
神奈川労働局労働保険徴収課
労働保険の適用

■平成26年 3月
厚生労働省退職

■平成26年11月 
社会保険労務士試験合格

■平成26年12月
アヴァンテ社会保険労務士事務所開業

 

■平成29年4月

アヴァンテ労働衛生コンサルタント事務所開業

〈資格〉
国家公務員一般職(当時Ⅱ種)採用試験合格
労働基準監督官採用試験合格
社会保険労務士試験合格
年金アドバイザー(3級)
カラーコーディネーター2級
ブラジル・サンパウロフットサル連盟公認指導者ライセンス

労働衛生コンサルタント(保健衛生)

第1種衛生管理者

CSCS(米国NSCA認定ストレングス&コンディショニングスペシャリスト)

NASM-PES(米国NASM公認パフォーマンスエンハンスメントスペシャリスト)



〈サッカー・フットサル〉
中学1年から本格的にサッカーを始め、中・高サッカー部、大学は同好会に所属しサッカー中心の生活を送る。
大学卒業後、渋谷区リーグ1部、都道府県社会人リーグ1部、2部、3部と競技を続け、25歳の時に始めたフットサルに徐々にのめり込む。
29歳の時にフットサルへ転向し、30歳、31歳の時に2年連続ブラジルへ超・短期留学し、ブラジル・サンパウロフットサル連盟公認指導者ライセンスを取得し、翌年ブラジルのプロチームの練習へ参加し、衝撃を受け帰国。

その後神奈川県社会人リーグ1部、2部で競技を続け、平成25年4月アヴァンツアーレ横浜を結成し、神奈川県社会人3部リーグに参入、平成26年4月にはNPO法人アヴァンツアーレ横浜スポーツクラブを設立し、フットサルの普及・競技活動を行っている。

© 2019 by AVANTE. All Rights Reserved.