​新着情報

2017年4月10日

20代勤務医、週55時間労働

20代の勤務医は週平均55時間勤務し、これに当直や緊急時に備えた待機が12時間以上加わる。厚生労働省研究班(研究代表者=井元清哉・東大医科学研究所教授)が、6日発表した初の大規模調査で、多くの医師が長時間働いている実態が浮かんだ。同省の検討会は同日、偏在対策や他職種との業務分担を盛り込んだ働き方を提言する報告書を塩崎恭久厚労相に提出した。

2017年4月10日

​介護施設のロボ導入を支援 厚労省

厚生労働省は介護施設にロボットの導入を促す。2018年度の介護報酬改定で、ロボットを導入して職員の負担を軽くする事業所に対して、介護報酬を加算することを検討する。介護ロボットを購入する際の無担保融資の上限額も引き上げる。ロボットを上手に活用する事業所を優遇し、人手不足の介護業界で受け皿整備が進むようにする。

厚労省は介護施設がロボットを導入した場合、職員の負担がどれだけ軽くなるかを検証する。参加施設はこれから募り、40施設ほどの参加を見込む。結果は厚労省の社会保障審議会(厚生労働相の諮問機関)に示す。効果を確認できれば、介護事業者に支払う報酬を加算する方針だ。

2017年4月01日

​アヴァンテ労働衛生コンサルタント

事務所 開業

4月1日よりアヴァンテ労働衛生コンサルタント事務所を開業いたしました。

アヴァンテ労働衛生コンサルタント事務所では、元労働基準監督官としての経験から、災害事例等を踏まえた労働災害を未然に防ぐための対策や、職場環境の中に潜む健康障害や疾病等、労働災害の原因を見つけ出し改善方針を示すことにより、快適な職場環境の形成、職場の安全衛生水準の向上を図るためのお手伝いをさせていただきたいと考えております。

引き続きご指導賜りますようお願い申し上げます。

 

© 2019 by AVANTE. All Rights Reserved.